リーンロゼ

ligneroset(リーンロゼ)とは

世界を代表するデザイナーとのコラボレーションで有名なフランスのインテリアブランド。

※当サイトに掲載のない商品も、お取り寄せ可能です。お気軽にお問い合わせください。


リーン・ロゼ
ligne roset

1860年にフランスのリヨンで創業されたリーン・ロゼ(ligne roset)。
「リーン(ligne)」は「コレクション」を意味し「ロゼ(roset)」は創業者の名前です。
長年に渡りブナ材を使用した椅子や家具の制作を行っていましたが、1965年のロゼ社設立以降は、コンテンポラリー製品の本格製造に乗り出し、多くのデザイナーとコラボレーションしています。
また、1968年にはそれまでの「ソファ」の概念を覆すオールウレタン構造のソファを開発。
5年後の1973年にリーン・ロゼの代表作ともいえるソファ「ロゼトーゴ(ROSETTOGO)ソファ」が誕生しました。
その後のリーン・ロゼの躍進は目覚ましく、瞬く間に世界的インテリアブランドへと成長。
現在においても未だに急成長し続けています。

リーンロゼ(ligneroset)商品一覧

アウトレット ROSETL'IMPREVU リーンロゼ(ligneroset)

ソファ

ROSETL'IMPREVU